日本語教育通信

日本語教育通信

英語と日本語を3歳になるま同時に身につける事が可能な時期なのです。教材の内容は、カードやDVD、ビデオや絵本、CDなどがセットになっていて、子どもと一緒に大人も楽しむ事ができるになっています。幼い頃に完璧にマスターしたとしても、話さなくなってしまうと"一生覚えている"ない様です。3歳までに沢山刺激を脳に与えたとしても、使わなければ消滅していくのです。

子どもの宿題を、親が間違ってもしてはいけません。

決して、空いた時間を適当に絵本を読んで埋めようとする気持ちで読んだりしているとです。

宿題をする事を習慣づけ、質問してきた場合には常に答えてあげる事が大切です。名前は"Kiddy CAT英語教室"と言います。

バレエに欠かせない音楽の魅力 AO入試の面接対策 表現力 NLP 神経言語プログラミング TOEICテスト 新公式問題集 AO入試対策